Top >  統合失調症の症状 >  思考の障害・思路の異常

思考の障害・思路の異常

統合失調症症状発現期(初期症状あるいは急性期症状)として、思路の異常が挙げられます。

話の文脈のまとまりがなくなり(これを連合弛緩・れんごうしかんといいます)、ひどくなってくると思考内容がばらばらになって、何を言っているのか了解できなくなります(滅裂思考・めつれつしこう)。

また、思考の進行が急にブレーキをかけられたように停止し、かと思うと、また急に動き出すというように、思考の進行が断続的になることがあり、これを思考途絶・しこうとぜつとよびます。

また、思考の別な形の障害、体験様式の障害として、させられ思考があります。これは、自分の考えが自分で考えたものではなく、誰かによって無理矢理考えさせられているという感覚のことです。

統合失調症の症状

統合失調症の症状は大きく2つに分類されます。陰性症状と陽性症状です。

関連エントリー

陰性症状 思考の障害・思路の異常 妄想気分、妄想知覚 神経衰弱様状態 陽性症状と陰性症状 シュナイダーの一級症状 ブロイラーの分裂病基本症状


THANKS
rank
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ
  • seo
お問い合わせ